Admobのインタースティシャル広告実装方法 -Swift4.0

Google Admobでの広告実装方法です。
アプリを使っているとめちゃくちゃうざいと思うことも多いですが、収益性もいいので、ぜひ入れたいところですよね。
ということで自分のアプリにも実装したのでまとめました。

Podfileへの追加

※CocoaPodsを使います。インストールしている前提
Use_frameworks!の下に二つ追加する

use_frameworks!
pod ‘Firebase/Core’
pod ‘Firebase/AdMob’

Xcode実装するサンプルコード

サンプルコードは下記の通りで、基本的な説明もコメントに記載済みです。
今回は、下記実装になっています。
・ボタンをタップするとカウントダウンタイマーが作動
・タイマーが0になると、ポップアップ(UIAlertController)が表示
・ポップアップの「はい」を押すとインステ広告が表示される

LabelとButtonの接続だけ忘れずに。


お知らせ

ヒヨコ歩数計という歩きながらヒヨコが育っていくアプリを作って、いろんな方に結構使ってもらっています。
RealmSwift, Admobの動画・インステ・バナー広告、UICollectionView、iOS-Charts、UITableViewを使用しているので、是非ご利用ください!